やまびこ句会は毎月第3金曜日、藤田ひろむ元「春耕」主要同人を講師に開催している。会員数16名、会報誌“遠こだま”を月一回配布。近くには松山城・史跡二之丸・城山公園・子規堂等がある。
松山近郊の砥部焼の町、砥部は、焼き物に適した土、傾斜地、焼秤としての赤松も多く古くから焼物が作られ、町内からは6~7世紀頃の陶器が出土している。
砥部焼伝統産業会館は、砥部焼の里の拠点としての歴史的に優れた作品の展示、時代の変換を紹介。町内の窯元の作品も展示、販売もされている。
百余の窯元はほとんどが開放され工程が見学出来る。また陶板の道があり陶祖ヶ丘に出ると磁砥部焼の陶祖杉野丈助翁顕彰碑が建立されている。
※写真をクリックすると大きく表示されます。