春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
俳句会同人による吟行記録

国内

谷保天満宮どんど焼き吟行(1月11日)

谷保天満宮は東日本最古の天満宮であり、亀戸天神社・湯島天満宮と合わせて関東三大天神と呼ばれる。道真公は文学の神、詩歌の神として多くの人々に崇められ、谷保天満宮も左義長、合格祈願、七五三の祝等で大いに賑わう。

谷保天満宮どんど焼き吟行

泉岳寺義士祭吟行(12月14日)

十二月十四日は義士討入りの日で義士祭が行われる。両国の吉良邸跡とその界隈を巡ってから両国橋を歩いて渡り、泉岳寺で義士の墓参をする吟行を行った。

泉岳寺義士祭吟行

【夏】秋田西馬音内(にしもない)盆踊吟行記

平成19年9月18日/山形の阿部月山子さんのお世話で日本三大盆踊のひとつ秋田・西馬音内盆踊を見る機会があった。

秋田西馬音内(にしもない)盆踊吟行記

【夏】下北吟行鍛錬会

下北吟行鍛錬会(平成18年7月16日・17日) 海の日の祝日に合わせて吟行会を開いたところ遠方にも拘らず27名の参加があった

下北吟行鍛錬会

【秋】高千穂夜神楽吟行会

高千穂夜神楽吟行会(平成17年11月21日〜23日)

高千穂夜神楽吟行会

【夏】山形東根温泉・山寺吟行句会

山形東根温泉・山寺吟行句会(平成17年6月19日)皆川盤水先生第十「さくらんぼ句碑」除幕式に参列した翌日、有志で東根市内サクランボ園、大欅と山寺(立石寺)の吟行を行った。梅雨時にも拘わらず晴天の出羽地方を楽しむことが出来た。時期はサクランボの最盛期で、至る所にサクランボの赤いつぶらな実が顔を覗かせてくれる良き時節であった。宿は東根温泉のホテル「花の湯」

山形東根温泉・山寺吟行句会

【春】京都吟行(祗園・鞍馬・貴船ほか)

平成17年2月5日〜6日・京都ザ・パレスサイドホテルで新年俳句大会を済ませて後によるの祇園散策になった。霙混じりの寒さはいかにも京都らしい。 八坂神社から東山の料亭街を歩いて堀川河畔の吉井勇歌碑まで約一時間の散策。凍えるような体を居酒屋「かっぱ」で暖める。

早春の京都吟行会(祗園・鞍馬・貴船ほか)

【春】安曇野鍛錬会・御柱祭

長野・御柱祭山出し吟行会(平成16年4月3日〜4日)

安曇野鍛錬会・御柱祭

【冬】奥能登・あえのこと

奥能登に静かに継承されてきた行事に《あえのこと》がある。平時忠卿が源平の壇ノ浦の合戦に破れこの地に流されて没してから千二百年近く経つが、この一帯に平家の落ち武者のごとく《あえのこと》神事がある。 神事であるが神職は参加しない。行う家々ごとに多少違ったやり方であり、ゴテ(世帯主・ご亭主)が自ら執り行うところに特徴がある。 羽咋出身の棚山波朗さんに引率されて奥能登で行われた二つの《暮のあえのこと》を見聞することが出来た。

奥能登・あえのこと
« 1 2 3 4
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.