春耕の歩み

昭和41年 東京・中野区より「春光」を創刊。皆川盤水主宰
昭和43年 「春光」を「春耕」と改題
昭和61年 創刊20周年記念特別号  100号記念特集号
昭和63年 1月号から月刊となる
平成08年 創刊30周年記念特別号
平成16年 300号記念特別号
平成18年 創刊40周年記念号
平成22年 皆川盤水追悼特集
平成23年 創刊45周年記念号(10月号)
平成24年 400号記念特別号
平成28年 春耕創刊50周年記念祝賀会 10月22日
平成28年  『皆川盤水全句集』刊行 角川書店

創立者皆川盤水

春耕の歩み・創立者皆川盤水略年譜

皆川盤水(1918ー2010) 大正7 年10 月25 日福島県いわき市生まれ。本名正巳。平商業学校、巣鴨高商、日本大学法学部に学ぶ。昭和16 年大連汽船に入社。金子麒麟草に俳句指導を受ける。昭和18 年船舶運営会に派遣されラオスで終戦を迎え、昭和21 年帰国。昭和26 年「かびれ」同人。昭和33 年「風」同人参加。昭和39 年第一句集『 積荷』(せっか)。昭和41 年「春耕」を創刊主宰。平成6年第六句集『 寒靄』で俳人協会賞受賞。その他の句集に『銀山』『 板谷峠』『山晴』『随處』『 暁紅』[高幡』 『山海抄』『花遊集』『自註皆川盤水集』 など。ほかに遺句集『凌雲]『脚注皆川盤水集』『皆川盤水全句集』がある。編著に『 俳壇人物往来』『山野憧憬』『俳句の上達法』『芭蕉と茂吉の山河』『現代俳人奥の細道を詠む』など、指導書、随筆10 冊。事典、季寄せ8 冊など。俳人協会名誉会員。

平成22 年8 月29 日死去。享年91。高幡不動墓苑に眠る。

 

 

盤水先生色紙

盤水先生色紙

盤水先生短冊

盤水先生短冊

皆川盤水100句      

朝寒や沖待船の二つ三つ 昭和16年
雲の峰大砲おろす御用船 昭和16年
大風の中の松籟義仲忌 昭和23年 『積荷』(昭和39年刊)
夜の炉に松笠匂ふ鳴雪忌 昭和23年
胸に来る昼の蚊太し平泉 昭和26年
桶に浸す蕗が真直ぐ啄木忌 昭和35年
火祭終へ天ががら空括り桑 昭和36年
獅子舞がすたすたゆけり最短路 昭和36年
ゆで栗に一家大声税きたる 昭和37年
蟹を売る能登朝市の雨急なり 昭和37年
鰻食ふカラーの固さもてあます 昭和39年 『銀山』(昭和50年刊)
鏡太郎忌無数のコツプ酒で満たす 昭和39年
茄子の花新聞記者に奇跡なし 昭和41年
羽抜鶏廃銀山は蚕飼村 昭和42年
こけし屋に頭を揃へたる雛燕 昭和44年
盆梅が満開となり酒買ひに 昭和47年
卯月波白磁のごとく砕けたり 昭和47年
月山に速力のある雲の峰 昭和47年
峠より日の濃くなれり紅の花 昭和48年 『板谷』(昭和55年刊)
河骨は星のごとしや鏡池 昭和50年
風の盆踊衣装の早稲の色 昭和50年
鰭酒を廻し飲みをりサラリーマン 昭和50年
古伊万里の赤絵の喜色三ケ日 昭和51年
鯉運ぶ水美しや十二月 昭和51年
負け鶏をにんにく臭き男抱く 昭和51年
枯芦のゆたかにけふの日をとどむ 昭和51年
鎌倉の海の上飛ぶ初鴉 昭和52年
閼伽井嶽夜風ゆたかな盆踊 昭和52年
冬蝗萱ごもりしてぬくからむ 昭和52年
本郷に鮭焼く匂ひ啄木忌 昭和53年 『山晴』(昭和59年刊)
残雪に大幣の舞ふ湯殿山 昭和53年
鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり 昭和54年
西瓜売り厚き筵をひろげけり 昭和54年
鱈船に雪の立山聳えけり 昭和55年
雪螢振りむくときにもう見えず 昭和56年
大盛の秀衡椀の菜飯かな 昭和57年
出羽の国ひろびろと田を植ゑ終る 昭和57年
山晴れに魚板の音や懸大根 昭和57年
草市の荷を解けばすぐ蝶きたる 昭和57年
薄氷の岸を離るる光かな 昭和58年
手焙や櫛形山の風の音 昭和58年 『寒靄』
花菜風水ゆたかなる美濃の国 昭和58年
でゝ虫の句碑に色鳥日暮まで 昭和58年
泥鰌掘り集つて来て火を焚けり 昭和58年
桜の芽海より雨のあがりけり 昭和59年
花御堂虻来てはやも翅鳴らす 昭和59年
ふんだんな懸巣の声や阿弥陀堂 昭和59年
氷水いたこの席にとどきけり 昭和59年
梅見茶屋ぽんぽん榾をとばしけり 昭和61年
遡る鮭いよいよ向きをあらためず 昭和61年
鶏合せ雪を散らして了りけり 昭和61年
初夢の鳥羽絵の兎跳ねてをり 昭和62年
筑波嶺の大谷小谷初霞 昭和62年
寒の靄まどかに明けし閼伽井嶽 昭和62年
山の蛾の花笠につく踊かな 昭和62年
古書街に肩叩かるる歳の暮 昭和62年
雪女郎厩の馬も見てゐたり 昭和63年 『隋處』(平成6年刊)
玉苗に雨きらきらと羽黒道 昭和63年
桜餅三つ食ひ無頼めきにけり 平成元年
羽黒山涼し木綿しめかけてより 平成元年
鰭酒のすぐ効きてきておそろしや 平成2年
白鳥の声燦々と揃ひけり 平成2年
満面にふくらんできし朝桜 平成2年
遠野人燈を低くして茸売る 平成2年
走り湯の音なまなまし桜の芽 平成3年
寒鴉雲を見てゐてゐずなりぬ 平成3年
帰る鴨ぐんぐん迅さましにけり 平成3年
蟷螂のとびつきざまに枯れてをり 平成3年
雪しまき松例祭の火を攫ふ 平成3年
青饅や「ボルガ」に午後の馴染客 平成4年 『曉紅』(平成8年刊)
長城の青き胡桃を風が揉む 平成4年
立春と黒板に書く老教師 平成6年
鱈吹雪眼をしばたきて橇の馬 平成6年
簗番が高嶺の星を褒めあへる 平成6年
みちのくの噴湯を高く帰燕かな 平成6年
はなやかにまたあはれなり雁の棹 平成6年
妻の客ばかり来る日や春障子 平成7年
蓴舟沼底擦つて戻りけり 平成7年 『高幡』
獅子舞が面のうちより咳洩らす 平成9年
沖膾海女は濡れ髪手絞りに 平成10年
春の滝力を出してきたりけり 平成11年 『山海抄』
一つ一つこけしを拭くや春隣 平成13年
紅梅の満開の艶真砂女逝く 平成15年『花遊集』(平成19年刊)
沖縄忌夜目にくつきり珊瑚礁 平成15年
河童忌の朝刊濡れてとどきけり 平成15年
秋の蛇したたかの艶持ちて消ゆ 平成16年
三十三才紙漉く家の薄ら日に 平成16年
葱抜いて四日の土間を汚しけり 平成17年
帰る鴨ためらはず列つくりけり 平成17年
とんとんと神の土俵に鴉の子 平成17年
漬梅のするどき香り書斎まで 平成17年
初冨士に駘蕩として立ちつくす 平成18年
春の滝飛沫をかさねはじめけり 平成18年
手捕りたる梅雨の鯰をもて余す 平成18年
この寺の風鐸の音濃あぢさゐ 平成13年  句集未収録
東根は出羽の楽園さくらんぼ 平成15年  句集未収録
毛虫焼き終りて酒にしどけなし 平成19年 『花遊集』以降
門開けしままの気安さ夕端居 平成20年
葱を引く音に夕べの来てゐたり 平成21年
田仕舞の煙り自在に流れゐる 平成22年