春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
会員作品秀句鑑賞 - 耕人集

耕人集●2022年10月号(通巻519号)

せせらぎを伴奏にして河鹿笛 北原昌子

耕人集●2022年9月号(通巻518号)

無医村に開院のビラ燕来る 金子正治

耕人集●2022年8月号(通巻517号)

黒こげになりたるパンや山笑ふ   野口栄子

耕人集●2022年7月号(通巻516号)

炉を囲みくらし正方形となり 鳥羽サチイ

耕人集●2022年6月号(通巻515号)

雪の降る音無き音に目覚めけり 今江ツル子

耕人集●2022年5月号(通巻514号)

山の神祀るまたぎの大囲炉裡  佐藤文子

耕人集●2022年4月号(通巻513号)

武骨なる手より生まるる干し寒天 中村岷子

耕人集●2022年3月号(通巻512号)

塔よぎる一刷毛の雲秋惜しむ 廣仲香代子

耕人集●2022年2月号(通巻511号)

昼休み辞書を枕に夜学生 矢尾板シノブ

耕人集●2022年1月号(通巻510号)

渡良瀬の風の中なる秋桜  平田姓子

耕人集●2021年12月号(通巻509号)

長崎忌小雨の匂ふ都電かな 伊藤宏亮

耕人集●2021年11月号(通巻508号)

道をしへ途切れ途切れの古道かな 笠松秀樹

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.