春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
会員作品秀句鑑賞 - 耕人集

耕人集●2024年7月号(通巻540号)

天空の春を吸ひ込む麒麟かな 中嶋正樹

耕人集●2024年6月号(通巻539号)

隅の席ここが落ち着く新年会 岩波幸

耕人集●2024年5月号(通巻538号)

艶の良き走りの柚子を仏壇に 村井洋子

耕人集●2024年4月号(通巻537号)

時計合はす巴里の空港寒オリオン 三瓶三智子

耕人集●2024年3月号(通巻536号)

夫想ふ時効はあらじ秋の月 佐藤和子

耕人集●2024年2月号(通巻535号)

秋簾捲き上げ夕日こぼしたる 小川爾美子

耕人集●2024年1月号(通巻534号)

畑に獲る一番長き茄子の牛 三瓶三智子

耕人集●2023年12月号(通巻533号)

蟬の鳴く国へ帰りて熟寝かな 山﨑眞知子

耕人集●2023年11月号(通巻532号)

捨て切れぬ母の背あとの籐寝椅子 岡本利惠子

耕人集●2023年10月号(通巻531号)

夕立のあとに飛びだす鳩時計 青木典子

耕人集●2023年9月号(通巻530号)

髪洗ふ憑物一つ落とすごと 桑島三枝子

耕人集●2023年8月号(通巻529号)

ふたりゐて一人の心夕桜 岩波幸

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.