春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
今月の秀句 - 棚山波朗抄出[WEB限定]

今月の秀句(棚山波朗抄出)2020年4月号

田を走る子の連凧が大空へ   山下善久

今月の秀句(棚山波朗抄出)2020年3月号

塗椀に咲きたる花麩今朝の春   太田直樹

今月の秀句(棚山波朗抄出)2020年2月号

もう一度手をふる吾子や寒の月  深沢伊都子

今月の秀句(棚山波朗抄出)2020年1月号

余白から生まれしやうに残る虫   竹花美代惠

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年12月号

村芝居はねて残れる首白粉   尾碕三美

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年11月号

かなかなや忙しき頃の母をふと    横山澄子

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年10月号

炎帝や父母の生き抜く爆心地  中村岷子

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年9月号

蛍火に落人伝説重ねけり  安井圭子

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年8月号

百千鳥の好き放題に鳴く杜よ   山下善久

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年7月号

夏つばめ水田一町かすめ飛ぶ   上野直江

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年6月号

あはあはと風にしたがふ柳かな   深沢伊都子

今月の秀句(棚山波朗抄出)2019年5月号

一番星出たら帰らう麦を踏む   草野准子

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.