春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
同人作品秀句鑑賞 - 晴耕雨読集

晴耕・雨読集●2018年12月号(通巻473号)

落し文遊女の墓にほどけをり 池内けい吾

晴耕・雨読集●2018年11月号(通巻472号)

山頂は鳥居の高さ富士詣 伊藤伊那男

晴耕・雨読集●2018年10月号(通巻471号)

北斎の波の紺碧夏来る  升本榮子

晴耕・雨読集●2018年9月号(通巻470号)

緑立つ近江商人屋敷町    堀井より子 鮒鮨に近江の春を惜しみけり 古郡瑛子

晴耕・雨読集●2018年8月号(通巻469号)

菊坂のくらがりに入り春愁ふ  蟇目良雨

晴耕・雨読集●2018年7月号(通巻468号)

漬菜石一つ外され二月果つ  山城やえ

晴耕・雨読集●2018年6月号(通巻467号)

八十路なほなす事あらむ竜の玉    池内けい吾

晴耕・雨読集●2018年5月号(通巻466号)

赤は赤黄は黄を極め神無月   朝妻力

晴耕・雨読集●2018年4月号(通巻465号)

人気無き漂流船や冬の海      阿部月山子 外つ国の難破船みて悴めり    佐藤栄美

晴耕・雨読集●2018年3月号(通巻464号)

ごみ袋枯葉の息に曇りけり   石鍋みさ代

晴耕・雨読集●2018年2月号(通巻463号)

秋の虹夫を呼ぶ間に消えにけり 升本榮子

晴耕・雨読集●2018年1月号(通巻462号)

新世界とぞ昼酒に鱧の皮     伊藤伊那男

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.