春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
同人作品秀句鑑賞 - 晴耕雨読集

晴耕・雨読集●2022年10月号(通巻519)

烏賊釣火地球が丸く見ゆるかな    阿部月山子

晴耕・雨読集●2022年9月号(通巻518)

千枚の千を余さず夕蛙   伊藤伊那男 

晴耕・雨読集●2022年8月号(通巻517)

をりをりは川面に触れて柳の芽 池内けい吾

晴耕・雨読集●2022年7月号(通巻516)

凍滝の凍ての極まる青さかな   阿部月山子

晴耕・雨読集●2022年6月号(通巻515)

春めくや海峡の沖紺深め  畑中とほる 

晴耕・雨読集●2022年5月号(通巻514)

富士映す湖平らかに初景色 升本 榮子

晴耕・雨読集●2022年4月号(通巻513)

柚子湯してやや若返りたる心地 池内けい吾

晴耕・雨読集●2022年3月号(通巻512)

盤景に波の綾なす良夜かな    杉阪 大和

晴耕・雨読集●2022年2月号(通巻511)

満月の中に動かぬ村一つ  山城やえ 

晴耕・雨読集●2022年1月号(通巻510)

沓脱ぎに靴を揃ふる帰省の子    朝妻力

晴耕・雨読集●2021年12月号(通巻509)

くすぐつてみたや昼寝の夫の足 古市 文子

晴耕・雨読集●2021年11月号(通巻508)

旅人に身を寄せてくる羽抜鶏 山田 春生

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.