春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
連載記事 - 月刊俳句雑誌「春耕」掲載

鑑賞 「現代の俳句」(17)2022年8月号

夕餉の間ほたる乱舞のひとしきり 黒田杏子

古典に学ぶ (109)源氏物語2022年8月号

「宇治十帖」物語の病と死④ 八宮の病と死 「宇治十帖」の物語は、立場や外見を剝ぎ取られた、その人物の生のあり方に関心を寄せてい る。八宮も、薫も、浮舟も、うわべの、「仮装」の自分を脱ぎ捨て、本当の「自分」を求めて彷徨するのである。

はいかい漫遊漫歩(188)(189)2022年8月号

 初代海上保安庁長官、衆院議員、労働大臣を務めた橙青を俳句評論の坂口昌弘は、著書『文人たちの俳句』で官界、政界で活躍の傍ら詠句にも勤しんだ俳人の一人としている。出自を辿ると、祖先の大久保八左衛門宗雅は、長水の俳号を持つ蕉門の俳人だったという。 賢治は、童話、詩のほか1000首に上る短歌を遺した歌人でもあったことは、知られていたが、わずか30句ほどとは言え、俳句も詠んでいたことが、平成になって分かった。

「俳句文法」入門 (42) 2022年8月号

「なり」の終止形につくのは伝聞、連体形につくのは断定の意味。断定・存在の「なり」は体言と活用語の連体形につきます。

韓の俳諧(42)2022年8月号

雑誌『朝鮮公論』俳壇選者は青木静軒だが、何の病気かわからないが、しばしば入院して他の選者代評もあった。中でも今村螺炎は、地方の警察官から身を起こし、最後は李王職庶務課長まで至った川柳と俳句では半島きっての多作作家で、退官後は民俗学者・歴史家として名を残した。大正3年8月号に「朝鮮俳句奨励会第一回募集俳句発表」として、今村螺炎・隣雪庵千春・蟻生芙蓉・小谷丹葉・花儒園と、五人の選者が記載されているが、螺炎以外は、資料に出てこない。

「日本酒のこと」(20) 2022年8月号

日本酒の成分の八割は水です。それだけ水はお酒の香味に大きな影響を与えるものであり「名水あるところ銘酒あり」と云われる由縁です。酒造りに使う水は「仕込み水」と呼ばれ、主としてお米を発酵させる醪もろみタンクに投入しますが、それ以外でも蒸す前の浸米とか原酒のアルコール度数を下げるための加水等に使用されます。

鑑賞 「現代の俳句」(16)2022年7月号

母の日の母を畑に訪ねをり 名村早智子

古典に学ぶ (108)源氏物語2022年7月号

「宇治十帖」物語の病と死③ 八宮の病と死 物語は、この光源氏の政治的対立者である一人の宮の境遇から語り始められる。そして、その八宮の生き方も、光源氏とは対照的である。

1 2 3 66 »
PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.