髙井美智子

寒天製す

寒天の祖碑や八ヶ岳より雪の声

寒天の小屋に強ばる目貼かな

寒天煮る十石釜のがうがうと

大釜の火番独りや虎落笛

湯けぶりに揉まれ寒天造る真夜

寒天製す磯の香りの仏間まで

てぐさ噛み星噛む桶の厚氷

朝まだき寒天干し場人うごく

悴みて寒天干しの皆無口

寒天干す瀬音ま近に遠に聞き

雪晴の嶺々や風なき小昼時

雲垂れて干し寒天のひかり萎ゆ

北颪寒天干しのこゑ奪ふ

寒天の昏く凍てつく星の下

糸寒天風の尖りに干しあがる

寒天を干して眩しき村となる

大鷹のまつすぐ目差す社かな

干し干して重心失する角寒天

魚は氷にのぼり寒天小屋を閉づ

春遅々と水の目覚めのひびく川