阿波の藍   髙井美智子

氾濫の記憶の畑や藍を蒔く 

地酒足し藍玉ほぐす初桜 

花の夜や藍甕に泡生まれつぐ 

永き日を肘まで青く藍染師

日晒しの絹の藍染め風光る

藍商のうだつの空や燕飛ぶ

藍褪せし父祖の半被に春惜しむ

藍甕に衣揉む梅雨の手くらがり

藍汁の滲みし壁や送り梅雨

藍染めを絞る素早さ夏旺ん

藍染めの皺(しぼ)の涼しき阿波しじら

剣山けふは良く晴れ藍を刈る    

葉藍干す炎暑の庭を隙間なく

川風をとほす藍倉守宮鳴く

吉野川の風に根をはる二番藍 

染みの手を藍師くるりと阿波踊

  藍寝床で藍の葉を発酵

秋暑し臭ひ渦巻く藍寝床

舟吊りし藍倉の軒小鳥来る

発酵の葉藍黒ずむ寒露かな

藍商の渡し場跡や螇蚸とぶ

髙井美智子→その人