春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
連載記事 - 月刊俳句雑誌「春耕」掲載

韓の俳諧

韓の俳諧(9)2019年11月号

韓の発句を掘り出す。 白川芝山が、初編から5編までの5冊を刊行した『四海句双紙』や、桑名藩士の駒井乗邨が残した『鶯宿雑記』に、韓の人の発句が載っている。しかし、『四海句双紙』は見せてもらうのも大変である。乗邨は、松平定信の用人であり俳人でもあった。

韓の俳諧(8)2019年10月号

韓の俳諧 朝鮮国通事の俳句(補遺) 朝鮮国通事の俳句研究に、2018年韓国安修賢氏の進んだ研究論文が発表された。日本では、岡部良一氏の朴徳源の研究がある。

韓の俳諧(7)2019年9月号

江戸まで来た朝鮮通信使の他に、多数の朝鮮渡海訳官使が江戸時代に対馬までやって来ていた。近年、朝鮮渡海訳官使の研究が進み、歴史の書き直しが必要とされる。対馬だけでなく、香川県観音寺市の興昌寺でも、訳官使朴徳源の詠んだ俳句と和歌の貼りつけられたはりまぜ屏風が発見された。

韓の俳諧(6)2019年8月号

韓の俳諧 (6)─ 朝鮮国 通事の俳句(中) ─ 朝鮮国通事 朴徳源の句が残っている。鬼貫の句と似ていることが指摘されていたが、時代的に鬼貫より先に作られた句との説がある。

韓の俳諧(5)2019年7月号

朝鮮国 通事の俳句(上) 朝鮮通事が読んだ俳句が残されている。上級の通事の場合は記録も残っているが、下位の通事はどの通信使の通事か記録がない。万葉仮名のような記述のため、句の読みが問題だ。

韓の俳諧(4)2019年6月号

蕪村の高麗船の句 蕪村の句に、朝鮮通信使を見た時の高麗船を詠んだ句がある。朝鮮通信使を瀬戸内海まで見に行って作ったものと思われる。高麗船はめでたい題材である。さらに、文人画家の蕪村は、王徽之(号:子猷)の『晋書』を引いた中国の教科書的な『蒙求』によって、王徽之が船で出かけたが、入港しないで戻った故事を題材に、どこかへ行ったがよらないで過ぎて行く句を作っている。子規も倣って句を作っている。

韓の俳諧(3)2019年5月号

【千代女の献上俳句(下)】千代女は献上句を通じて最も有名な閨秀俳人であった。また韓国でも知られていた。千代女は美濃派であったが、伊勢派でもあった。両派とも低俗とされていたが、近年美濃派の再評価がされている。千代女の復権が待たれる。

韓の俳諧(2)2019年4月号

【千代女の献上俳句(中)】 加賀千代女の有名な、「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」は、千代女の真筆画賛に「朝顔や…」とあり、本来切字 や を用いたものと考えられる。「朝顔に…」が有名になってしまったことが千代女の不運かもしれない。

韓の俳諧(1)2019年3月号

【千代女の献上俳句(上)】韓国とは、長い文化の交流があり、12回の朝鮮通信使の来日が江戸時代にあった。加賀藩では第11回の通信使へ千代女に俳句の献上を命じた。千代女は支考に絶賛された俳人で、伝説に事欠かないが、確かな資料が乏しい研究者泣かせの人である。

PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.