春耕俳句会は、有季定型の俳句と和楽の心で自然と人間の中に新しい美を探求します。第五感・第六感を働かせた俳句作りを心がけます。
会員作品秀句鑑賞 - 耕人集

2023年10月(通算531号)

耕人集●2023年10月号(通巻531号)

夕立のあとに飛びだす鳩時計 青木典子

2023年10月●通巻531号

10月の俳句 …………………………… 夜の秋〈主宰作品12 句〉…………… 蟇目良雨 盤水一句観賞(43) ………………………蟇目良雨 波朗一句鑑賞(43) ………………………児玉真知子 晴耕集 …………………………… …

月刊俳句雑誌「春耕」2023年10月号(通巻531)俳句でつづる生活と美「春耕俳句会」発行

今月の秀句(蟇目良雨抄出)2023年10月号

満天の星得て匂ふ夜干梅   小川爾美子

蟇目良雨主宰 作品●2023年10月号(通巻531号)

夜の秋の触れてやはらか阿波しじら        蟇目良雨

晴耕・雨読集●2023年10月号(通巻531)

紫蘭咲き乱れ無人のわが生家 池内けい吾  

鑑賞 「現代の俳句」(31)2023年10月号

原爆に焼けし乳房を焼けし子に 川上政子

古典に学ぶ (123)源氏物語2023年10月号

「病」と「死」を物語はどう描いたか⑦ 葵上③ 御息所が新斎院の御禊の日に、源氏の晴れ姿をそれとなく見ようと、網代車に御忍び姿で一条大路に出て行ったのも、源氏への捨てきれぬ執着ゆえであった。

はいかい漫遊漫歩(216)(217)2023年10月号

鯛焼は2枚の型を合わせて型そのものをひっくり返して焼く。型できっちりおさえるから、皮のごく薄い部分ができる。そこにまで餡がはいっていたほうがいいのか、そこは口直しに甘くないパリッとしたものとして食べる方がいいのか、江戸趣味の通人のあいだで論争が起きた。

韓の俳諧(56)2023年10月号

草城が雑誌『朝鮮及満洲』の次に熱心に投稿したのが、福岡で創刊された『天の川』で、2号(8月号)に草城の句、4号(10月号)に父静山の句と併せて掲載されている。また、ホトトギスの1918年10月号「地方俳句界」にも、この父子らの句が載っている。

「俳句文法」入門 (56) 2023年10月号

「へ」は体言(名詞)に接続する。語源は辺か。

「日本酒のこと」(34) 2023年10月号

日本酒とは「麴菌の作用で糖化した蒸米を、清酒酵母菌の力で発酵したアルコール飲料」のことです。わが国でもアルコール飲料の元祖はワインのように果実が自然に発酵したものであり、日本酒の祖先であるお米を使用したお酒が登場するのは、稲作文化が展開する縄文から弥生時代の頃と言われています。

PAGETOP
Copyright © 春耕俳句会:Shunkou Haiku Group All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.